大型木造建築〜新たな木の可能性

今、日本国内やヨーロッパでも注目されている大型木造建築。
木の美しさとともに、加工しやすく調湿効果で省エネ効果がある注目の建築です。

<木造軸組み工法>

  • 木造住宅を施工するほとんどの建設会社が対応できる
  • そのための部材類は豊富に揃っている
  • 最近は耐震性向上のために壁量が増えているが、それでも開口幅は大きく取れる
  • 筋交いなどの部位以外の将来の変更・改造は比較的容易
  • 将来の増築も、法規の問題を解決すれば施工可能
  • 真壁造り(柱・梁現し)による木のよさを表現できる
  • 真壁造りによる木の調湿効果が期待できる
  • RC造より転倒時の怪我が軽減される
  • RC造よりコストを抑えることができる
  • 名称 杉戸みちのこ保育園
  • 設置主体 社会福祉法人 光彩会
  • 所在地 埼玉県北葛飾郡杉戸町大字杉戸字与左ェ門2677番
  • 施設種別 保育園児90人(108人)
  • 延床面積 999.76㎡
  • 規模 木造在来、地上1階

<木造枠組み工法> <2×4>

  • 壁工法なので地震時の揺れが小さい
  • 基本的に決った釘の本数で構成されたパネルを建てこむ方式なので、施工が早い
  • 部材相互の密接度が高いので、防火面で効果的である
  • 上記の理由から同じ仕様の在来より断熱性能が高い
  • 気密性能が高い
  • RC造より転倒時の怪我が軽減される
  • RC造よりコストを抑えることができる
  • 入居者に優しく安全である
  • 名称 特別養護老人ホーム行田さくらそう
  • 設置主体 社会福祉法人 櫻幸会
  • 所在地 埼玉県行田市大字藤間字四ノ口352-1
  • 施設種別 特別養護老人ホーム(100床)
  • 延床面積 4,467.58㎡
  • 規模 木造ツーバイフォー、地上2階